ほくろを除去するなら

ほくろ除去の手順

ほくろにはメスで切除して皮膚を縫合する方法と、炭酸ガスレーザーを使って削り取る方法があります。

 

それぞれの方法をまとめてみましょう。

 

・切除治療

局所麻酔をした後、メスで皮膚を切開し、脂肪の深さでほくろを切除します。

 

欠損部は皮膚を縫合することで閉鎖します。

 

・レーザー治療

レーザー治療はほくろの盛り上がった部分を削り取り、平らにする治療です。

 

局所麻酔をした後、炭酸ガスレーザーでほくろを削っていきます。

 

ほくろの表面にレーザー光を照射し、ほくろの黒い色が見えなくなる深さまで組織を削り取ります。

 

ほくろは深部まで続いているため、ある程度の深さまで削れば終了です。

 

削った後の縫合はなく、自然に皮膚が閉鎖するまで薬を塗ります。

 

レーザー治療をした後、数ヶ月は遮光するようにしましょう。

 

ほくろ除去は病院とクリニックどっちがおすすめ?

ほくろの除去を考えたときに、大きな病院で治療してもらうか、美容クリニックなどに行くか迷うでしょう。

 

ほくろの除去に関しては、形成外科や皮膚科、その他に美容クリニックでも受けることができます。

 

ただ大きなほくろの中にはメラノーマという悪性の皮膚がんもあるため大きな病院で治療を行った方が安心でしょう。

 

大きな病院であれば除去した組織を病理検査してもらえますよ。

 

ただ一般的には皮膚科や美容クリニックで除去しても特に問題はありません。

 

仕上がりの綺麗さを求めるのであれば、美容クリニックなどでの治療がおすすめです。

 

美容クリニックでは数多くのほくろ除去の症例実績があるので、様々な症例に対応できますし、安心感がありますね。

 

ほくろ除去は電気メスとco2レーザーのどちらが良い?

ほくろ除去には電気メスを使った切除方法と、co2レーザーを用いた切除法があります。

 

それぞれメリット、デメリットがあるのでまとめてみましょう。

 

・電気メスを使った除去方法

電気メスでほくろを除去した場合、切除した組織を検査に出せるので悪性か良性かの診断をほぼ確実にできます。

 

また完全にほくろ組織を取り除くことができるので再発はほとんどありません。

 

特に深くまで濃い色素がある場合は、メスでの切除がおすすめです。

 

ただ電気メスでの切除の場合、縫合しなければならず抜糸が必要で、感染症や出血などの術後トラブルのリスクがあります。

 

・co2レーザーを使った除去方法

co2レーザーを使ってほくろ除去をした場合、縫合はしなくてよいので抜糸は不要です。

 

またメスでの除去に比べて感染症や出血などの術後トラブルもありません。

 

治療時間も10分程度で終わるので身体的負担は少ないでしょう。

 

ただco2レーザーの場合、完全には切除しないため再発の可能性があります。

 

盛り上がりが強いほくろの場合、色素が完全にとれず、最終的には切除が必要になってしまうこともあります。

 

小さいほくろに適した治療法といえるでしょう。

 

ほくろ除去ができるクリニック

品川美容外科

https://www.shinagawa.com/

炭酸ガスレーザー、LP-YAGレーザー、電気メスから最適な方法を選択
跡が残りにくく、短時間で終了するほくろ施術に自信あり
32年の豊富な実績&経験あり

全国に38院を展開する品川美容外科は、32年の歴史を誇る老舗の美容整形、美容外科のクリニックです。

 

品川美容外科ではほくろの状態を確認した上で、一番適切な治療法を提案してくれます。

 

レーザー治療によるほくろ除去では、ピンポイントで照射するので正常な肌を損傷しにくく、治療時間は5〜30分と短いです。

 

ほくろの発生した位置によって波長を変更することも可能で、外科手術ではないため治りも早く、傷も残らないのでおすすめです。

 

聖心美容クリニック 美容皮膚科

http://www.seishin-hifuka.com/

痛みの少ないほくろ施術に自信あり
電気凝固法と切除法から最適なほくろ施術法を選択
医師が24時間以内に回答する無料メール相談、無料カウンセリングあり

聖心美容クリニック 美容皮膚科は先進的なマシン知慮、再生医療を用いた注入治療、ホームケアなどあらゆる肌の悩みに最適な治療法を提案していく美容クリニックです。

 

聖心美容クリニック 美容皮膚科で行うほくろ治療は、大きさや盛り上がりの度合いを診察して治療方法を決定していきます。

 

切除法と電気凝固法の治療方法から最適な治療を選択し、再発しないほくろ切除を行ってくれます。

 

施術後は翌日からメイクや洗顔も可能なので、日常生活にも負担がかかりません。

 

ほくろ除去のQA

ほくろ除去は傷みはある?

ほくろ除去をする場合、局所麻酔をして治療を行っていくので、手術中の痛みはほとんどありません。

 

また、手術後の痛みに関しては、当日、翌日は多少の痛みはあります。

 

ただ1p以下の小さい傷の場合は、ほとんど痛みはないと感じる人がほとんどでしょう。

 

痛みに関しては、ほとんどのクリニックや病院で痛み止めの内服薬が処方されるので、それで対応できる程度です。

 

メスやレーザーと聞くと「痛みが強いのでは?」とイメージしがちですが、実際にはほくろ除去はそれほど痛みはありませんので、安心してくださいね。

 

ほくろ除去は自宅で自分でできるのか?

ほくろ除去は自宅で自分で切除しようと思えばできますが、セルフケアは絶対にダメです。

 

ほくろの深さや大きさは表面から見ただけでは判断できず、除去できたように見えても色素を出す細胞が残っていると、ほくろは再発してしまいます。

 

また無理に除去しようとして、紫外線や摩擦などの刺激で大きくなったり、炎症を起こしたりするケースもあるので、自己判断はとても危険です。

 

ほくろを除去したい時には、面倒でも自分で除去しようとするのではなく、必ず病院やクリニックを受診するようにしましょう。

 

ほくろ除去のアフターケア

ほくろ除去ではアフターケアがとても重要になります。

 

レーザー治療で除去した場合、施術した箇所は皮膚が薄くなっているので他の部位よりも皮膚が敏感で、紫外線などの刺激にもすぐに反応してしまいます。

 

日焼けしやすくなっており、シミの原因にもなるため、除去した箇所は日焼けをしないように保護シールを貼って遮光するようにしましょう。

 

保護シールをきちんと貼らず、紫外線対策を怠ると日焼けで黒くなり、ほくろが再発してしまう可能性もあります。

 

ほくろ除去は、中学生や高校生の未成年でもできる?

ほくろ除去は中学生や高校生など未成年でも施術を受けることはできます。

 

ただ、未成年がほくろ除去治療を受ける際には、保護者の同意が必ず必要です。

 

高校生以下の未成年は必ず保護者の同伴が必要という病院やクリニックが多いでしょう。

 

高校生以上で同伴が難しい場合には、保護者の方が記入した同意書を持参すれば施術は可能です。

 

未成年でほくろ除去をしたいという場合には、親御さんとよく話し合ってから治療を受けるようにしましょう。

 

ほくろ除去で跡は残る?残らない?

ほくろ除去は切除方法によって跡が残る場合と、残らない場合があります。

 

炭酸ガスレーザーでほくろ除去をする場合、ほくろ以外の余分な箇所には傷が残りません。

 

そのためレーザーでの除去治療を選ぶ人は多いでしょう。

 

メスを使ってほくろ除去をする場合、傷跡がほくろの直径より少し長く残ってしまいます。

 

5o以下のほくろであれば跡が残らないレーザー治療がおすすめですが、1pを超えるほくろの場合、完全に切除できるメス切除がよいでしょう。

 

ほくろの除去に保険の適用はできる?

ほくろ除去に関しては、保険適用ができる場合と、自由診療になる場合があります。

 

基本的に平らなほくろの場合は、保険適用外となってしまいますが、隆起しているほくろを切除する場合は保険適用での治療が可能です。

 

また大きさによっても保険適用できるかどうかが判断されます。

 

6o以上のほくろ除去に関しては保険適用になりますよ。

 

そのほか、悪性のほくろや、日常生活に支障をきたすほくろを切除する場合も保険適用での治療ができます。

 

 

 

TOPへ